亀岡自衛消防隊連絡協議会 会則

 (組織及び名称)

第1条 

本会は、亀岡市内において自衛消防隊を有する事業所によって組織し、会の名称を亀岡自衛消防隊連絡協議会と称する。

 (目 的)

第2条 

本会は、火災、水防、地震等の災害に対する事業所等の自衛体制を確立するとともに、亀岡市内の自衛消防隊が相互の連絡を密にして、もって地域社会の安定と発展に寄与することを目的とする。

 (事 業)

第3条 

前条の目的を達成するため、本会は次の事業を行う。

(1)   組織の整備に関すること。
(2)   業務遂行に必要な対策の研究及び知識の普及に関すること。
(3)   必要な資器材の整備に関すること。
(4)   隊員の教育、訓練に関すること。
(5)   相互間の連絡協調に関すること。
(6)   各種の情報、連絡及び本会の運営に関すること。
(7)   その他、本会の目的を達成するために必要なこと。

 (役 員)

第4条 

本会には次の役員を置く。

会 長 1名
副会長 1名
理 事 7名
会 計 1名
監 査 2名

 (役員の任免及び任務)

第5条 

本会の役員の任免及び任務は、次のとおりとする。

(1)   役員は、総会において会員の中から選出する。
(2)   会長は、本会を代表し、会務をつかさどる。
副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは、その職務代行する。
理事は、理事会に出席し、必要事項の審議を行う。
会計は、本会の収支に関する職務をつかさどる。
監査は、会計監査を行い、総会において監査報告する。
(3)   役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

 (相談役及び顧問)

第6条 

本会は、相談役及び顧問を置くことができる。

 (会 議)

第7条 

会議の種類及び運営等については、次のとおりとする。

(1)  会議は、総会及び理事会の2種とする。
(2)   総会は、毎年1回開催し、次の事項を審議する。ただし、必要に応じ臨時総会を開催することができる。
  ア 会則の改廃に関すること。
イ 役員の選出に関すること。
ウ 会の事業計画及び運用に関すること。
エ 予算及び決算に関すること。
オ その他
(3)   理事会は、会長、副会長、理事及び会計をもってし、会長の召集に応じ開催し、次の事項を審議する。
  ア 総会に提出する議案に関すること。
イ 事業計画の実施運営に関すること。
ウ その他、会長が必要と認める事項
(4)   会議は、2分の1以上の出席をもって開催し、その議決は、出席者の過半数を必要とする。可否同数の場合は、会長がこれを決する。

 (事務局)

第8条 

本会の事務局は、会長事務所に置く。

 (経 費)

第9条 

会の運営に関する経費は、次の収入をもってこれに充てる。

(1)   会 費 1事業所 年10,000円
(2)   その他の収入(寄付金、利子等)

 (会計年度)

第10条 

本会の会計年度は、毎年4月1日にはじまり、翌年3月31日をもって終る。

   附 則
 この会則は、昭和53年11月20日から施行する。
   附 則
 この会則は、昭和55年4月1日から施行する。
   附 則
 この会則は、平成5年4月1日から施行する。
   附 則
 この会則は、平成6年4月22日から施行する。