設立目的

「亀岡消防隊連絡協議会設立目的」本会は、火災、水防、地震等の災害に対する事業所等の自衛体制を確立するとともに、亀岡市内の自衛消防隊が相互の連絡を密にして、もって地域社会の安定と発展に寄与することを目的とする。

発足の経緯

亀岡自衛消防隊連絡協議会は、亀岡を拠点とする企業の有志が昭和53年11月20日に【自らの事業所は自らが守る】を合言葉に、 火災はもとより、地震やその他の災害に対する事業所の自衛消防体制の充実強化を図るべく発足致しました。
また現在では自らの事業所のみならず安全で安心して住める地域社会の発展を目的として活動しており、その実現に向け各事業所が一丸となって取り組みを続けています。

亀岡自衛消防隊連絡協議会員之証プレート

会員証プレート

亀岡自衛消防隊連絡協議会は、亀岡市内において自衛消防隊を有する事業所によって組織し、火災、水防、地震等の災害に対する事業所等の自衛体制を確立するとともに、亀岡市内の自衛消防隊が相互の連絡を密にして、もって地域社会の安定と発展に寄与することを目的とした会であり、亀岡市民はもとより、広く世間に当協議会の会員である証を明示するためのもの。